札幌芸術の森美術館


札幌芸術の森美術館では、契約職員/協力員(教育サービス部)/札幌芸術の森野外美術館作品解説ボランティアの募集をしています。
開催中の展覧会
 
札幌美術展

モーション/エモーション ―活性の都市―

会期:2016年1月17日(日)〜3月27日(日)

月曜休館
開館時間:9:45〜17:00(入場は16:30まで)
観覧料:一般700円(560円)、高校・大学350円(280円)、中学生以下150円(120円)
※( )内は20人以上の団体料金
前売券販売場所:道新プレイガイド、大丸プレイガイド(大丸藤井セントラル内)、オーク画材、札幌市民ギャラリー、札幌市教育文化会館、札幌芸術の森美術館(販売期間:12月11日(金)〜1月16日(土))


 私たちが暮らすこの「都市」という場所。それは、どのように生まれ、どんな姿をしているのでしょうか。
都市は人々の生活の拠点であり、私たちを包み込んでくれる場所です。人々の暮らしや感情が、地層のように積み重なり、ひとつの都市を作り上げています。都市を形作る街並みは、少し目をはなしたすきに増殖したり、縮んだり、あらゆる方向へ蠢(うごめ)くその様子は、活発に分裂を繰り返す細胞のようですらあります。また、目をこらせば、人工物で覆われた都市のなかには自然や生き物が身を潜めているのがわかるでしょう。
本展覧会は、北海道を中心に活躍する9人のアーティストたちの作品約90点を通じ、一つの生命体のように増殖と明滅をくりかえす都市の姿と、そこに生きる人々の感情に焦点をあてます。

出品作家

安藤文雄、クスミエリカ、武田志麻、千葉有造、楢原武正、野澤桐子、羽山雅愉、森迫暁夫、山川真一


関連事業

■ギャラリー・ツアー

当館学芸員が出品作品について解説します。

【日時】1月30日(土)、2月11日(木祝)、2月13日(土) 各回14:00〜14:40
【場所】札幌市芸術の森美術館展示室
【料金】無料(当日有効の展覧会観覧券が必要)



主催/札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、北海道新聞社
後援/北海道、札幌市、札幌市教育委員会



安藤文雄《ボクシング》 1959年 写真


山川真一《TOKYO》 2010年 油彩・キャンヴァス



中庭インスタレーション

奥山三彩 OVERLAP

会期:2016年1月17日(日)〜2月28日(日) ※雪の状況により、会期が変更となる場合があります。

月曜休館
開館時間:9:45〜17:00(入場は16:30まで)
観覧料:無料


北海道の彫刻家・奥山三彩が、中庭にある雪と石のみを使って構成した造形作品を展示します。


B展示室

FOREST of NEW ARTS

会期:2016年1月17日(日)〜3月27日(日)

月曜休館
開館時間:9:45〜17:00(入場は16:30まで)
観覧料:無料


 1月9日・10日行われたジャズライブ公演「FOREST of NEW ARTS」をB展示室に再構成。出品作品の一部を公演の記録とともにご鑑賞いただきます。

砂澤ビッキ《風に聴く》 1986年 木(エゾ松、カツラ)



これからの展覧会

進撃の巨人展 SELECT WALL SAPPORO

会期:2016年4月5日(火)〜5月25日(水)

4月のみ月曜休館
開館時間:9:45〜17:00(入場は16:30まで)
観覧料:一般・大学生1500円(1400円)、中学・高校生1300円(1200円)、小学生800円(700円)、小学生未満無料
※( )内は20人以上の団体料金
※内容や演出に一部過激な表現があります。お子様の入場はご注意ください。
※360°体感シアター“哮”は前売券は販売いたしません。当日、札幌芸術の森美術館で販売いたします。なお、13歳未満のお子様は体験することはできません。

前売券販売場所:
【ローソンチケット独占先行】
〔販売対象〕前売チケット・音声ガイダンス付チケット
〔販売期間〕2015年12月18日(金)〜2016年2月4日(木)
〔Lコード〕11111
〔URL 〕http://l-tike.com/event/kyojinten-sapporo/

【一般販売】
ローソンチケット、チケットぴあ・サークルK・サンクス、セブン‐イレブン、道新プレイガイド(大通西3)、大丸プレイガイド(南1西3)、札幌芸術の森美術館 ほか
〔販売対象〕前売チケット
〔販売期間〕2月5日(金)〜4月4日(月))


 展覧会公式ホームページ


主催/札幌芸術の森美術館(札幌市芸術文化財団)、読売新聞社、STV札幌テレビ放送
後援/北海道、札幌市、札幌市教育委員会
監修/「進撃の巨人展」製作委員会